車コレクション


初めて自動車を買う方へ

車選びに欠かせないものがカタログですが、このカタログにも種類があって、一つのモデルでも、いろいろなものが作られています。どうせもらうのなら、詳しく説明されている分厚いものをもらうようにすることです。こちらから請求しないと出してもらえないカタログもありますので、どんどん営業マンに請求するようにするといいでしょう。
車を選ぶポイントは、まず、できるだけたくさんのカタログを集めるようにして、展示場を見て回り、商品をじっくりと比較検討します。最初に訪ねた店で自分の好みの車があったとしても、すぐに決めてしまうのは禁物です。目的や税金・維持費などをよく考えて、形、排気量、色なども検討するようにしましょう。商品を購入する場合には、ほかの販売店との値引き率を比較することも忘れないようにしましょう。
ボディ形式の違いには、セダン、ハードトップ、ワゴン、2BOX、1BOXなどがあります。
価格表示の略記号には、AT(オートマチックミッション)、5(4)F(5(4)速フロアマニュアルミッション)フル装置(エアコン、ステレオなどオプション類をすべて装置しているもの、または標準装置としてついているモデル。)などがあり、これらの知識も大切です。

お役立ちサイト

廃車なら

はじめてのジャンボタクシーの東京のことなら


自動車免許の取り方

身分証明書として、多くの人が使用しているのが自動車免許証です。しかし、その取得は思うほど容易ではありません。教習所へ通い、数ヶ月をかけて仮免許取得後に各地域の免許センターで試験を受けます。そうしてその試験で合格した後に、交付されるのが普通の流れです。
しかし、少しでも仮免許を楽しく短い時間で取得する方法があることをご存知ですか?それが最近利用者が増えている教習所へ合宿で通うというものです。これは早ければ2週間ほどで仮免許を取得し、後は免許センターの試験にさえ合格すれば1ヶ月も必要としません。また合宿中に学科の試験などに落ちたとしても、追加で料金を払わずに済むというところもあるため、ある程度決まった予算内で安く卒業が可能です。しかしデメリットとしては学科と実技を短期集中で学ぶ必要があるため、まとまった時間を作ることが出来ない人にはお勧めできません。
しかし、合宿で教習を行っているところは各県に存在するため、旅行を兼ねて遠くの地域で仮免許を取得する人も多いです。
勉強するということは大変なことですが、車の運転には責任と技術、そしてマナーが必要とされるものです。大切なのは、それを学ぶとき自分自身にあったスタイルで知識を付けていくことです。