車コレクション


自動車メーカーの種類

自動車は、1769年のフランス陸軍の蒸気機関を動力するキュニョー砲台に始まり、1870年のガソリンを燃料とする第1マルクスカー以降、自動車メーカーの種類は世界中で増え続けて来ましたが、2008年のリーマンショック以降、業界内で大きな再編の波が起こり多くの有名なメーカーが買収されています。買収されたメーカーの自体の名前は販売上のイメージ戦略として存続されていますが、買収したメーカーが設計コンセプトから販売までを手掛けているケースが非常に多くなっています。
特にイギリスでは、ラグジュアリーサルーンの代名詞であるジャガーはアメリカのフォード社に買収され、イギリスを代表するロールスロイスと世界的に有名なコンパクトカーのミニはBMWに買収され、映画007で有名なアーストンマーチンはプロドライブの創始者とクウェートの投資会社が組織するグループに買収され、以前とは違った魅力加えられて販売されています。
日本でも、日産がフランス国営企業のルノーに買収され、マツダやスバルなどもアメリカの大手メーカーが筆頭株主になった時期もありましたが、リーマンショックの折にマツダは自社で株式を買い戻し、スバルはトヨタが筆頭株主となっています。
又、リーマンショック以降の自動車メーカーの種類にも大きな変化が起きています。Googleが事業母体のテスラなどの異業種のメーカーも増えています。

お役立ちサイト