車コレクション


自動車税とは?

車は地方の人々にとっては無くてはならないものです。都会と違い公共の交通機関が発達していないため、何をするにも絶対必要です。例えば子供の送迎や毎日の買い物、そして通勤とどのようなシーンでもなくてはなりません。
そこで所有者になると必ず収めなければならないのが自動車税です。それは毎年4月1日現在で保有している人に課される税金です。税額は排気量や車種によって異なります。一部の低公害のものについて、例えばハイブリッドカーやEVには税金の軽減措置がとられています。また、自家用と営業用でも税額が異なります。当然営業用のほうが低い税額になります。
税金の納付は毎年5月に管轄する税事務所から納入通知が送られてきます。これを納税期限までに収める必要があります。納付先は一般的な金融機関で納付でき、現在ではコンビニエンスストアでも納付が可能です。この税は分類としては地方税であり、一般のものは都道府県税であり、軽は市町村税となります。
譲渡した場合でも税金は旧所有者の方に課されることになり、減額されませんので、下取りに出した場合などは譲渡先と十分に相談しておくことが必要です。また、4月1日以降に登録を抹消した場合は、翌月以降分は月割りで還付されますので、きちんとした知識を持つことが大切ですね。

お役立ちサイト